上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月15日発売のPenで特集され、国立近代美術館で現在、展覧会が行われている、アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真がすごい。

今日、国立近代美術館へ行って見てきたのだが、とにかくすごかった。
Penの見出しに「日常をアートに変えた写真家」とあるように、彼の撮る写真は、何気ない日常の1コマを、非常に完成度の高い、1つの作品として見事に切り取っている。
美しい構図もさることながら、そこに写る、壁の落書きや看板、遠くの建物、雑多な物品、そして、そこに暮らす人々の仕草や表情といった、様々な要素が、ひとつとなって、人々のドラマやその背後にある社会、物語あるいは世界といった、大きく、深いイメージを見る物にあたえ、どの作品もいつまでも見ていたいと思えてくる。

また、彼はヨーロッパ、アメリカ、インド、中国、ソビエト、日本等々、さまざまな国にわたり、それぞれの国の人々の生活を撮っている。それぞれの写真から、それぞれの国のそれぞれの時代に生きる人間たちの様々な営みを垣間見ることができ、それらによって、展示会全体として、この地球上に生きる人間という存在のありのままの姿がリアルに表現されているように感じた。

つまるとこ、何気ない日常の集積によって、その背後に広がる、世界という大きなものの存在を見事に表現する、とてもスケールの大きな展示会であった。

自分も、これくらい深く広がりのあるイメージを与えることができるような絵が描けるようになれればと思う。


その後、ノマディック美術館の「ashes and anow」を見たのだが、アンリ・カルティエ=ブレッソンを見たあとではちょっと霞んでしまう。よく頑張ってるのは伝わるんだけれど、もう一つという感じ。写真の作品の方は、まだ、世界観や物語が感じられて良いんだけども、映像の方は、ドキュメンタリーのような妙なリアリティーが感じられて、彼の作品の持ち味であるところの、ファンタジー感が薄れているのに、人や動物を、無理に神秘的なものに見せようとしているような印象を受けて、あまり好きではなかった。残念。


さて、話しは変わって、自分のこと。
大学院を卒業してから、今まで3ヶ月くらいのんびり気ままにやって来たが、7月っからようやく働くことになりました。
残りあと1週間ちょい。どう有意義に過ごしたものか。
2007.06.21 / かと /
うちの後輩のなんにゃんのメモ(2006.2.26のとこ)をみて思ったこと。

なんにゃんもちゃんといろいろ考えてるんだなあ
と、改めて思った。まあ、あたりまえか。
とくにアイデンティティとかオリジナリティとかその辺に興味があるようで。

オリジナリティに関して今自分の中で一番ホットな話題がマッシュアップ。
音楽とか映像のマッシュアップとウェブサービスのマッシュアップとがあるけど、その辺全部ひっくるめてニコニコ動画。
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50154713.html
http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/02/post_b009.html
http://lovelove.rabi-en-rose.net/blog.php?n=285
この辺は、掘り下げると底が見えないから、とりあえずとどめておく。
デュシャンにも通じるわけだが、結局、素材がなんであれ、どこに創造性とか価値を見出せるかが重要なはずなんだよなあ。

アイデンティティってとこに絞ると、日本人の小説家で今の所一番のお気に入りの北野勇作の作品が、そこらへんを常にテーマにしてる。
(なんにゃんが読んで面白いかどうかはあまり自信がないが、もし興味があれば貸しますよ?)

あと、作品のメッセージ性に関しては、話題のスケールの大小はあっても、ないってことはないんじゃないか。あとは、伝わるか、伝わらないか?
絵なりなんなり、作品を作るってことは、その過程で、常にその人の価値判断が下ってるわけだから、ポロックみたいにほとんどランダムに作られてる作品でも、そういうつくり方、考え方なり、結果としてできたもの存在価値みたいなものを主張してることに他ならないわけで、どんな作品であろうと、その人の考え方を主張することになると考えてる。
こう書くとなんか、すべての作品が人に何かを伝えるためにあるみたいになるけど、常にそれが目的ってわけではないよね。むしろ、作品を作りながら自分の価値観を再認識するっていうことの重要性もけっこうあったりする。

資本主義自体はそんなに悪くないはずなんだけど、金儲け主義的なとこは好きじゃないし、あと、こびるのも好きじゃない。だから、グラフィックはやりたくても広告はやりたくないって前にもどっかに書いたと思ったら、blogか。
http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/blog-entry-120.html
もう2ヶ月も前の記事だが、なんにゃんも興味ある話しかも。

そういえば、文化庁メディア芸術プラザのメールニュースは、もうだいぶ前からとってて、メディア芸術祭のことは毎年チェックしてるんだけど、展示は一度も行ったことがないなあ。

・自分を信用できない人は、人を信用できない
が、どういうことか気になる。

おわり
2007.02.28 / かと /
──に関するパブリックコメント募集中。という記事/.jに発見。
歩道でも車道でも邪魔者扱いの自転車の現状に関していろんな議論がなされています。

基本的に自動車嫌いで普段自転車にのってる自分としては、基本的に町中から自動車なくなればすべて解決だと思ってるんだが。
特にうちの回りは車道/歩道の区分がないような細い道が多くて、そういう道に半ば強引に入ってくる自動車はほんとに邪魔だなあと思う。
そういえば、こないだも車1台が通るのがやっとみたいな細い道を自転車で走ってる時に、タクシーが後ろからクラクションを鳴らしてきたときはなんて傲慢な車だと思ったものだ。
そしてそういう道は、自動車さえ入ってこなければ、自転車と歩行者とでちゃんと共存できてるんだよね。

てか、「自転車にとって車道が危険に感じられるとすれば、クルマと自転車で共用するはずの道路をクルマの占有物だと勘違いしている人が多いからでしょう。これはドライバーや自転車乗りだけでなく、道路を設計するお役人にも多いように思います。その勘違いをなくすような一般への啓蒙活動と、クルマで走ることしか想定していない設計の道路を作り変えることで自転車は車道を安全に走れるようになるはずです。」
ってな意見もあるけど、道路の設計してる人って、人が住む環境ってものをほんとになんにも考えてないなあと思う。

現状、自転車に対する認識は本とに適当で、うちの近所に、駅に行くのに必ず通る歩行者専用現示式の交差点があるんだが、ほとんどの自転車が歩行者用信号でわたってるから、歩行者用信号を待ってる人たちを尻目に車両用信号で自転車をこぎ出す自分の方が間違ったことをしてるような気になったりしてるので、まあ、早いとこなんとかしてもらいたいものです。

おわり
2007.01.27 / かと /
こんな映像を見つけたのでそれに関連した話しをちょっと書こうと思う。
最近アメリカで「ステルスマーケティング」という宣伝手法がはやってるらしい。
カフェや街角などで一般人を装って商品の宣伝とは気付かせずにさりげなく宣伝するんだとか。

しかし、ブログやなんかでは、一般人を装った宣伝とばれて問題になってる例がこのところいろいろ見受けられる。
一番わかりやすいのがソニーのPSPの"偽"ファンサイトで実際はソニーが作ってたというもの。ばれて炎上結局ヤラセを自白して閉鎖したらしい。(engadget)

個人のブログやユーザー参加型ニュースサイトへの投稿なんかも企業との金銭のやりとりがあるものがちょこちょこあって問題になってるっぽい。これこれを参照(cnetslashdot)

こういう企業のやり口に対する概念として「賢い消費者」というのがあるわけだが、実際のところ「賢い消費者」は存在するのかなんて議論もあったり。(ised@glocom

まあ、あまり話しをひろげ過ぎてもしょうがないが、ユーザー生成コンテンツが増えてって今まで絶大だったメディアの力がどんどん弱まってるなかで、企業の宣伝活動がこれからどうなってくんだろうてなことを考えさせらるお話しでした。
広告なんて虚構の代物だってとっくにみんなわかってるわけだが、といって、開き直ればたたかれるわけで。もう今みたいな企業主体の自画自賛広告の形態がすでになりたたなくなってきてるのかもしれない。


おまけ
(ソフトバンクもどうなることやら。)

グラフィックの仕事はしたいが広告関連にはいきたくないと思ってる加藤雄大でした。
(「グラフィック=広告」と思われがちだが)

おわり
2006.12.30 / かと /
現在テレビドラマにもなってる「のだめカンタービレ」のを妹が買ってきたので読んでみた。

何かと話題っぽいので知ってる人も多いかと思うが、なかなかおもしろかったので、感想でも書いてみようかと思う。

最初の方は、「音大に通うクールで優等生な千秋真一が落ちこぼれなのだめやその仲間たちに振り回されつつ、真面目に音楽をやりたい千秋と楽しくやりたいのだめたちの対立があったりしつつ、最後には良い演奏ができてめでたしめでたし」といったパターンの話しの連続で、何とも底の浅い感じだったのだが、話しが進むにつれて、ただ何となく好きだからという理由でピアノを弾いていたのだめが、音楽についていろいろと深く考えるようになり、また、千秋ものだめらの影響で徐々に人間性を得て指揮者として成長していくとともに、物語も徐々に深みがまして面白くなっていく。
いろんな苦悩や失敗を経て成長していくこの二人が、今後どんな経験をして、どんな影響を受け、何を考え、どう成長していくのか、二人の関係はどうなってくのか等々、先がとても気になるマンガです。

物語もさることながら、人間味ある登場人物たちもよい。
片付けられないのだめや、千秋に恋する男子真澄ちゃん、酒と女と合コン好きな世界的指揮者などなど。
とくに千秋は、クールなくせにのだめのようなダメなやつをほっとけなくてつい手出し口出ししてしまうのだが、ついイライラしてきついことを言いまくってしまったりする不器用っぷりに妙に親近感を覚えたりする。

そういえば、自分のデザインも、千秋の音楽みたいに、頑固で理屈っぽいところがあるんだよなあと思ったり。

大学を卒業しても音楽やりたくて有志でオーセストラ作ったりするエピソードも共感できて良い。

そう言えば、これと比べてハチクロは美大の話しなのに誰も美術について真剣に考えてなかった気がするなあ。。
一般受けする絵を描くのかそれとも本当に自分が描きたい絵を描くのかみたいな画家の葛藤もこののだめカンタービレにはちらっと描かれていたりする。

あえて難点を挙げるとしたら、絵はあまりうまくない。下手ではないと思うのだが、あともう一息でもっと良くなるのになあと思ってしまうところがある。

しかし、なにより、音楽に対して一生懸命な人たちを見て自分も頑張ろうって思えてくるのは良い。
2006.11.12 / かと /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。