上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好景気、人材不足と言われていますが、どうやら本当みたいですね

こんにちは、経済にもちょっと興味がある渦波です。

いまさらですが、転職してました。
今回はそんなお話

4月の3日をもって退職しました。つまり3ヶ月前の話です。
前職を辞めるに至った経緯は、とりあえずうやむやにして
あ、じゃなくてMAPの為に辞めたことにしておいてですね、ええ
忙しすぎてMAPの為の時間が取れなかったので辞めたんでした。

もちろん次の職業を決めていたわけもなく、プーになったとです。
ただ何をやっても食いっぱぐれない自身はあったので、3日間遊んでました。

初日、退職を言い渡した日に私の神様F氏と以前から見たかった「マイ・アーキテクト」という映画を見にいきました。
内容は「ルイス・カーン(ルー)」という世界的に有名な建築家の愛人の息子が
世界中にあるルーの設計した建築を見に行き、ルーに関わった建築家や職人、弟子や妻、愛人とその娘に会い
今まで知らなかった父親の姿を探すというドキュメント

とまぁ。かなりマニアックなのですが
他人事とは思えないシーンがあって
ルーの弟子の一人の話にこんなことがありました。
「夜中の3時に呼び出されたんだ『君の仕事は最悪だった』てね」
「指示通りに仕事をしていたつもりなんだけど」

あぁ、ウチのボスは マイ・アーキテクト だったのか
前職であった嫌なこと 経験を思い出しては笑いました。
3日間遊んだところでさすがに社会的に無職という立場に不安を抱き
映画を見に行った神様F氏に3日間ほど相談しました。
F氏はちょうど私が辞めた頃に再就職をしていて、転職に必要なアドバイスをくれた上に
履歴書・職務経歴書のデータと作品集の作り方を教えてくれました。

ドラクエのⅡで言えばロトセットを手に入れた感じです。
問題は作品集を作るのにA3のプリンターが必要ということ
私はすぐに研究室の先生に連絡を取り学校へ向かいました。

学校へ行く表向きは、退職の挨拶と新職紹介のお願い
本命は学校にある大量のプリンターと、高性能のパソコンを使うこと
事情を話すと先生はまんまと 快く研究室の設備を使わせてくれました。

そこで作品集(A3・36枚×3部=108枚)を印刷し、ついでに履歴書・職務経歴書も作成
3日間で週活に必要なもの全てを準備し、いざ面接へ
土日をはさんだ5日間で5社受け、すべて受かりました。
退職から2週間、人間やろうとおもえばできるものだと思った14日間でした。

私が就職できたのも
すべて私を支えてくれた人たちのおかげだと表向きは思っています。
職業に迷いを感じたとき、今の自分に疑問を抱いたとき
思い切って一歩踏み出してみるとは言いますが
あながち間違いではないなと
一歩どころではないはみだし 踏み出しをした自分に幸あらんことを
2006.07.07 / うず /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/88-9ece15c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。