上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日、僕の街では季節はずれのお囃子が響いた。

お久しぶり 渦波です。
よく見たら一ヶ月以上ブログを書いていないことに気づきました。
この一ヶ月の間にいろんなことがありましたが、それは又の機会にお話しましょう。

先日、母方の祖父が亡くなりました。
今回はそんなお話
ウチの母は僕よりワガママで自分勝手です。
そんな母の身内もとてもパワフルな方々ばかりです。
そんな身内が集まると、お葬式もお祭りのコラボレーションとなるようで

僕の地元ではうちわ祭というそれなりに大きなお祭りがあります。
そんなお祭りで、祖父は町内の生き字引として君臨していたそうで
葬儀には是非お祭りのお囃子をと、町内の皆さんが協力してくれたそうです。
そんな訳で祖父の住まいから斎場に霊柩車でお棺を運ぶとき
町内会のお祭りの方々が、お囃子(おはやし)を奏でて送ってくれました。

死ぬという事に実感は湧かないのですが、こうやって送り出される最後もいいかなと思えた そんな葬儀でした。



斎場での御焼香時には、ハッピ姿のたくさんの人が参列しなかなか御焼香がおわらず
祖父の人柄を感じることのできた一日でした。


あ、そうそう
お墓に埋葬した後、遺影を持って笑顔で集合写真を撮るウチの一族は(普通はしないよね)
お祭り好きの祖父の影響がとても大きいのだと思いました。
親戚同士仲のよいことはいいことだということで。
2006.05.23 / うず /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/81-a013b473
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。