上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋葉原にある交通博物館が移管されるにあたって、今の交通博物館は閉鎖されるらしい。
そんな交通博物館も以前は万世橋駅と言われる駅だった。
東京駅が出来る前は、首都交通のターミナルとして利用されていたそうだ。
交通博物館の歴史はここまで、話すと長くなるので実際に行ってみてください。


そんなこんなで交通博物館に行ってきました。
博物館が閉鎖される前に、期間限定で万世橋駅が公開されている。
自分は別に鉄ちゃん(鉄道オタク)という訳ではないが
昔放映されていたアニメに万世橋駅は某神殿につながっているというネタがあったので
そのネタを拾いに行ってきたという話です。


交通博物館の開館が9:30、その少し前に行けばいいかと思っていいたが、とんでもない
交通博物館の前には、異常な人の列。。さすが終わりとなるとどっさり来るのね...
開館後、中に入って旧万世橋駅の見学ツアーに申し込まなければならず
行列ごと申し込みへ移動
前のほうではなかったが、10:40の回に申し込むことが出来た。


そこで、丁度よい空き時間ができたので一通り交通博物館を回る事に
博物館は今回が初めてという訳ではなく、自分が小学生の時に父と行った事があった。
これだけ時間が経てば、いろいろと新しく変わっていると思ったのだが

全く変わっていない

ボタンを押すと、山の模型が上がって地中の線路が現れる簡単な仕掛けの展示も
ウィ~~ン  ガコンガコン  プシュー といった感じで(ある面電車っぽい)
ちょっぴりアンティークを感じられる博物館でした。
新しく入っていたものは、電車の運転シミュレーター(電車でGoのでっかいやつ)
くらいだったと思われる。


考えてみたら、電車は車のように新しい車種が何台も出てくるわけではない
その分時間の進み方も、他の乗り物とは違うのだろう。


電気の街秋葉原、パソコンや携帯電話やテレビといった電化製品は
一年後には旧モデルになり、異常な速さで進歩していく。
その技術進歩に支配された街の中で、違った時間軸を持ったシンボルがなくなるというのは
時代の流れの一つかもしれないと思いつつ、その流れに埋もれた駅を見てきました。


2006.02.22 / うず /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/67-8b0ec16f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。