上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ことの起こりはこの前の日曜日のMAPの会議の日
いつものように少し遅刻して
(ホントはギリギリ予定が電車が止まってたので)
いつもの様にいつもの場所で会議をしたその後
いつもの飲み屋に行く途中に、
いつものコンビニが僕の目に入った。
そこで、いつものゲームをしようと僕は皆に提案した。

それは「ガリガリじゃんけん」だ。
ルールは感嘆、いや簡単だ。
じゃんけんをして、負けた一人が買った皆に
ガリガリ君をおごって貰えると言う素敵なゲームだ。
寒い日に誰かが言い出すとそのゲームが始まる。

昨晩は、いや昼間から寒い今日この頃は
このゲームにはうってつけだった。
だから言い出した。言わなきゃ良かったのに。。。

結果、僕は一人負け。
僕以外は皆パー。
僕はダブルボギー・・・じゃなくてグー。
見事な一人負けだった。

追い詰められた僕。
どうすんの?どうすんのよ~?
・食べる
・ごまかす
・にげる
ライプカードつづぅく~
言いだしっぺの僕は逃げられるはずが当然ないので、
結局、食べた。
しかも、勧められるがまま温州みかん味とソーダ味を。

寒い寒い外で2本を両手に持って食べる。
・・・メンバーに記念撮影をされながら。
寒い中で食べるガリガリ君は冷たく、
体温でもなかなか溶けないので食べにくい。
しかも2本もあるので、なかなか食べ終えない。
寒いが冷たいになり、胃の中から体を冷やす。
小走りしたりして熱を作ろうとしたが、
胃の中・口の中・手に持ったガリガリ野郎は冷たいままだ。
唇の感覚が舌の感覚が鈍くなる。
そんな中、言い出した自分の愚かさと話のネタが出来た事への嬉しさを感じていた。

幸いガリガリは当たらず期待された3本目は幻となり、
ガリガリ様を食べ終えていつもの飲み屋の席へと辿り着いた。
僕は震えていた。
一杯目には当然いつもの生中を頼む。
キンキンに冷えたビールが目の前に現れた。
いつもは嬉しいこのキンキンさが、この時ばかりは恐ろしく感じた。
むしろホットのビールが飲みたいくらいだ。
それでもやはりキンキンに冷えたビールは美味しく感じた。

そしてつまみのカラアゲを口にした時に気付く、
舌が痛い。
そうそれは、火傷したような舌の表面の違和感。
カラアゲを口にした時に火傷したのかとも考えたが、
舌の前の方が面でそういう感じなのだ。
凍傷だ・・・多分、きっと、おそらくは。

足の指先がしもやけになる事はあっても、
凍傷になったことはなかったので初体験だ。
しかも、ガリガリ君で。

なんてこったい。
その痛みはだいぶ治ってはいるもののも、
4日経った今もかすかに舌先に残っている。
ガリガリ君は僕にとってガリガリ訓となった。
あの駄菓子な懐かしいガリガリ君の味を求めて、
懲りることなくガリガリじゃんけんを
MAPは続けるのであろう・・・。

さぁ皆も極寒ガリガリじゃんけんにチャレンジだ!
※凍傷には気を付けましょう
2005.12.20 / あお /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/49-3e46c88d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。