上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先々週、職場で大きな事件が起こりました。
何が起きたかはあえて伏せておきます。 
ただそのおかげで、自分の中にあった迷いや不安が無くなって
ここ数日の空の様に、晴れ晴れとした気持ちで、仕事をしています。

以前、歌の歌詞の話をしましたが
今まではスネオヘアーのストライクの歌い出し
「意味を見出せなくて答えを求めすぎていた」って感じでした。


答えが出たって訳じゃないんだけど、何か見つかった気がします。
ほんの数週間前の事だったのに、今までの自分を懐かしく思えるのは
それだけ、自分が成長できたのかななんて、思ったり思わなかったり。

さて、「秋の空と女心は変わり易い」と言いますが
ここのところの天気の変わりようは、かなりの心変わりっぷりです。
でも、降ったり降らなかったりの天気の中
秋の空気に、秋雨の冷たい風がはだをそっとなでると
懐かしさをおぼえて、少し切ない感じがします。

僕は学生時代(といっても去年まで学生だったが)に美術サークルの部長をやってました。
サークルでは、年に何回か他の大学のサークルと合同展を行っていましたが、学祭の時は単独で学内展をやりました。
作品を作ったり、展示の準備をしたり、出店をやったり、夜は部室で毎晩鍋パーティーをやったり
友達とクサい話をしたり、バカみたいに酔っぱらったり
楽しくて忙しくて大変で、それでいてせつない
学祭の数日間はそんな時間でした。

短い時間だったけど、泣いたり笑ったりいろんな経験をした時間を
秋の空気は運んできてくれたんだと思います。

あの頃から自分は前に進めたのか?上に昇れたのか?
伸びシロは分からないけど、成長を実感する毎日です。
腕に力をいれて、握りこぶしをつくって「よしっ」ってできる
そんな日々が自分の中に帰ってきました。

昨日よりも今日の自分を、前よりも今の自分を感じられる
自分にとって、「秋」はそんな季節なのかもしれません
2005.10.15 / うず /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/36-8f71fa22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。