上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何となく思い立ってムンクを見てきた。
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibition/index.html

そろそろ、次のMAPの作品の構想を練らねばならぬ時期なので、取っ掛かりとして刺激が得られればと思ったのだが、予想以上に良い刺激が得られたような気がする。

ムンクは基本的に絵を単品ではなくて、複数の作品を、その配置や額装なんかも含めて一つの作品と捉えてたらしく、その辺をあれこれ構想したスケッチが特に興味深かった。

ムンクについてあまり詳しいことは知らないが、多分この人は、ものごとを、表層ではなく、その内部構造みたいなものを、多面的に、3次元、あるいは時間軸も含めて4次元的に描こうとしたんじゃないかと思う。で、その結果、飾り方まで含めた、今で言うところのインスタレーション的な表現に行き着いた、と。

自分も今までそれに近いようなことは何となくやってたわけだが、今回ムンクの取り組んできたことを目にして、ようやくその意味を明確にとらえられたような気がする。


あと、何となく思ったのは、ムンクはマンガかアニメを作ったらかなり面白いモノができたんじゃないかということ。

おわり
2007.12.24 / かと /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/163-72585466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。