上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルに意味はありません。
亀崎です。


突然ですが今回ご紹介するのはこの人!。
ジャジャン!
海老根敏雄さん です。
まずは彼のHPをご覧下さい↑。



……どうです?
いいでしょうキレイでしょう素敵でしょう。

私が海老根さんと出会ったのは5年前でした。
その頃の私は上京したてで、東京の夜空にうんざりしてたのです。

アズキ色に染まる煤けた夜空。弱々しく霞む星。
10歳までは北千住に住んでいた私ですが、ちゃんと夜は夜の色と
記憶しているし、オリオン座もカシオペア座も子供の頃教わった筈。
なのになんじゃこりゃー!
大気汚染って、10年でこんなに進むのかー?と。義憤に駆られていた
訳でございます。

まぁ、都心を少し離れて見れば、東京だって馴染みの紺碧が臨める事位
理解っていたのですが、陸奥から8年ぶりに東京へ出て来て、都会に
ケチをつけてみたかったのもあったのでしょう。
都会は『星屑』って言葉の意味する処を知らないんだろうなー、と、
淋しく思ったりもしました。

そんな折、渋谷で露店を出していた海老根さんの絵に一目惚れした
のでした。
満点の星空の絵。
「これだ!」と。
コレコレコレが見たかっただよ~(訛)と。
以来、学校帰りには毎日のように通っていました。
彼の描く夜空の色や、星、雲、海などの風景は、もうたまらなく綺麗な
のです。
静かで、透明感があって、染みてくる様に。
露店を訪れるお客さんの中には、一度は買わずに通り過ぎてしまったの
だけど、なんだかその絵に心が癒された様な気がして忘れられず、
再度足を運んだ、と云う方もいらっしゃいました。
そんな絵が描ける海老根さんを、尊敬せずにはいられません。

先だっては『ピースマン』(RIKIYA著 アメーバブックス刊)という
小説のカバーイラストも手掛けられており、今後の活躍に大注目!


最近は忙しさにかまけて細々としたお付き合いになってしまいましたが、
いつの日か、立派な画集が出されることを、心待ちにしております。

完全に私信ですが、最後に、
お誕生日おめでとうございま した(←9.21)。

2007.10.02 / かめ /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/152-b918ead5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。