上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月15日発売のPenで特集され、国立近代美術館で現在、展覧会が行われている、アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真がすごい。

今日、国立近代美術館へ行って見てきたのだが、とにかくすごかった。
Penの見出しに「日常をアートに変えた写真家」とあるように、彼の撮る写真は、何気ない日常の1コマを、非常に完成度の高い、1つの作品として見事に切り取っている。
美しい構図もさることながら、そこに写る、壁の落書きや看板、遠くの建物、雑多な物品、そして、そこに暮らす人々の仕草や表情といった、様々な要素が、ひとつとなって、人々のドラマやその背後にある社会、物語あるいは世界といった、大きく、深いイメージを見る物にあたえ、どの作品もいつまでも見ていたいと思えてくる。

また、彼はヨーロッパ、アメリカ、インド、中国、ソビエト、日本等々、さまざまな国にわたり、それぞれの国の人々の生活を撮っている。それぞれの写真から、それぞれの国のそれぞれの時代に生きる人間たちの様々な営みを垣間見ることができ、それらによって、展示会全体として、この地球上に生きる人間という存在のありのままの姿がリアルに表現されているように感じた。

つまるとこ、何気ない日常の集積によって、その背後に広がる、世界という大きなものの存在を見事に表現する、とてもスケールの大きな展示会であった。

自分も、これくらい深く広がりのあるイメージを与えることができるような絵が描けるようになれればと思う。


その後、ノマディック美術館の「ashes and anow」を見たのだが、アンリ・カルティエ=ブレッソンを見たあとではちょっと霞んでしまう。よく頑張ってるのは伝わるんだけれど、もう一つという感じ。写真の作品の方は、まだ、世界観や物語が感じられて良いんだけども、映像の方は、ドキュメンタリーのような妙なリアリティーが感じられて、彼の作品の持ち味であるところの、ファンタジー感が薄れているのに、人や動物を、無理に神秘的なものに見せようとしているような印象を受けて、あまり好きではなかった。残念。


さて、話しは変わって、自分のこと。
大学院を卒業してから、今まで3ヶ月くらいのんびり気ままにやって来たが、7月っからようやく働くことになりました。
残りあと1週間ちょい。どう有意義に過ごしたものか。
2007.06.21 / かと /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/141-245a9b0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。