上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋になると、何か儚くも切ない感じになりますね
思わず昔書いた日記を読み返しちゃったりする訳で
やべ!一年前のオレこんなこと書いてるよ!!
と思った今日この頃です。

秋の涼しさの中に、少しづつですが冬の寒さを感じるようになりました
こんばんわ渦波です。

青山さんいわく「渦波さんは過去の自分を認めない人だ」という表現は
よくよく当たっているなぁと昔の日記を見ていて思うのですが
では一体どこから認められなくなるのかというのを実測してみました。

10月15日の「秋味」の
「秋の空気に、秋雨の冷たい風がはだをそっとなでると
 懐かしさをおぼえて、少し切ない感じがします。 」
というフレーズとか
9月29日の「歌からはじまる物語」の
「そもそも、なんで空なんか見上げてたかっていうと
 最近季節が変わってきたからってことにしておきます。別にセンチになった訳じゃない。
 澄んだ空、心地良い風、夏が終わるさみしい空気
 この秋のさみしさも、たくさんの事が待ってる思うとなんだかワクワクしてきます。」とか

なに書いてんのオレ!!

ってかんじで、これ以上過去の記事をさかのぼるのは辞めよう と思ってしまいます。
実測はここで断念

いつになれば過去の自分を認められるようになろうかとは思いながら
でも、なかなかこれは治らないものだと実感します。
結局、自分で良かれと思ったものが
時間が経ったあとで自爆する、非常に厄介な地雷みたいなもの

たとえば今回の話の中でも
「秋になると、何か儚くも切ない感じになりますね」や
「秋の涼しさの中に、少しづつですが冬の寒さを感じるようになりました」とか
多分、一年くらい経ったらアレルギー反応が出るくらいカユ~くなる
と、予想が出来るわけです。

分かってんだったら書かなきゃいいじゃんよ!とお考えの皆さん、それは違います。
一年後には、一年前(つまり今)の自分を認められるようになろうという
とっても前向きな考えで、いつも日記を書いているのです。
だから昔の日記を読み返していたことを、書きながら今思い出しました。

×結局昔の自分は認められなさそう
×いらんことまで思い出した
○昔の日記を読み返そうと思っただけでも進歩

まとめ 振り出しにもどる
2006.10.16 / うず /
Secret

TrackBackURL
→http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/tb.php/109-d4eb4b61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。