上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
降ってきたような暑さに包まれる今日この頃
いつの間にか始まった梅雨の時期のきれ間にある日差しの一日
ウチの近くのブドウ園も実がふくらみ始めました。
夏本番はすぐそこまで来てますね。
_6164875.jpg

こんばんわ うずなみです。

一足早い夏の日差しが映し出す空の色を残したい
自分が見ている色と カメラが描く色
写真をやっているとこの間にある過程に
何か哲学的なものを感じてしまいます。

私の使っているカメラはOlympusのE-410
デジタル一眼にして2代目の愛機になります。

ご存じのとおりカメラはメーカーによってクセが違います。
その面では正直扱いにくいカメラだと今でも思っています。
でも、そのクセを理解したうえで思っていたような色を
見えていた以上の風景を映し出すことに
少しの目標と大きな楽しみを込めて カメラから覗き込む一時が
自分の世界を塗り替えてくれる時であったりもします。

最近仕事で忙しかったので(今も忙しいですが)
素敵な空を眺めながら
ちょっと心を中休み
_6164885.jpg

スポンサーサイト
2010.06.16 / うず /
5月1日の大安吉日
日本中が温かい春の日差しに包まれる中
東京都港区にある八芳園では、MAPにとって特別な事が行われていました。
八芳園

展示を始め、各々が様々な活動をしてきましたが
これは今回が初の事になります。

それは・・・・・・・

MAPで最も男らしい女性

カ メ ザ キ の 結 婚 式 ! !

冒頭から少し驚かせてしまいましたね
こんばんわ渦波です。

一年くらい前からメンバーには報告があって
新郎の方はカメザキより古い付き合いだったりするので
何かグッと来るものは薄いのですが
それでも二人を包む空気が、祝福であふれるような一日でした。
_5014475.jpg

周りの迷惑を顧みず、写真撮影に集中したり
披露宴でも活発に盛り上がったりしていて
新婦の「チョットいけない友人」な空気を創り出していましたが
二人から伝わる家族や友人、会社や恩師への感謝の気持ちが
形作ったような式でした。

そういえば、全員が正装でそろうのもかなり久しぶりですね。
結成時は正装で展示会場にスタンバイとかしていたのを思い出します。

ここで結婚式らしいエピソードを
披露宴や二次会で新郎がカメザキに向けた言葉
「一生愛し続けます」
付き合いたてのころから今に至るまで
何度も繰り返された言葉だそうです。

しかしこの言葉は、繰り返されることで色あせる訳ではなく
むしろ重みを増していたように感じていました。
この言葉を発する新郎の人間もあるのかと思いますが
それを素直に受け取るカメザキもあっての重みなんだなと
微笑ましい気分になりました。
_5014742.jpg


星の数ほどおとずれるめぐりあいの中で
お互いを選んだこと
偶然とか運命とか
整った言葉だけじゃ表わせない
そんな二人に
星の数ほどの幸せを
2010.06.13 / うず /
こんばんわ うずなみです。

5月1日のとてもおめでたいエピソードですが
ご紹介していなかった出来事を一つ

この記事の答えにもなるのですが
MAP+カメザキフレンズで二次会の幹事をやっていました。

準備は順調だったのですが
当日の披露宴で、二次会司会役のうずなみさんが

ま さ か の 泥 酔 !

いや いい恥さらしですよホント。
「二次会の司会があるから一杯だけにしておく」
とか言っていたのに ホント言わんこっちゃない。。
となりの佑樹が若干あきれ顔。
佑樹も結構酔ってたんだけどね。。

ちゃんと理由はあるんですよ
ご両家のご親族がお酒をつぎにきて下さるものですから
その度に失礼がないようにグラスを空にしていたもので

え、理由にならない?

それでも司会はちゃんとこなしましたよ
八芳園の美味しいお料理が※●≠§☆¶とか
ウコンの力は力持ちだったとかあって
ちゃんと二次会までにアルコールは抜いたんです!!

ただ
頭 は が ん が ん に 痛 か っ た
けどね。。

名司会っぷりがご紹介できないのは大変残念ですが
つつがなくこなせたのは
カメザキフレンズが作ってくれた段取りとタイムテーブルが
とてもしっかりしていたのと
佑樹が作ってくれたシナリオと台本が
とてもしっかりしていたので
その通りに進めるだけで何とかなりました。。

他にも加藤君が作ってくれたスライドが秀逸だったり
青山さんが仕上げてくれたサプライズプレゼントが秀逸だったりと
8年間培ってきたチームワークの冴えわたる1日でした。

2010.06.12 / うず /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。