上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の展示会でお配りいたしました次回の展示会のお知らせですが
開催日の日付に不備がございました。

1月の22日23日と書いてありますが、こちらは誤りで
本来の予定日は1月の26日(土)27日(日)です。


場所はIID世田谷ものづくり学校で行う予定です。

ご案内をさせて頂いた皆様には大変失礼をいたしました。
この場をもってお詫びと代えさせて頂きます。

MAP

スポンサーサイト
2007.11.30 / MAP /
空の色も、土の色も、言葉も違う国
大陸の風の音を聞き、風の香りを映す国

こんばんわ 渦波です。
会社の関係で中国へ行ってきました。
今回はそんな旅行記1日目の話

MAPの中で田中と自分は海外旅行を何度か経験しています。
基本的には建築の関係でヨーロッパへ行くことが多いのですが
今回は中国と言う事で、はじめてのアジア圏への旅となりました。

昨今、食品問題や大気汚染で話題の中国ですが
大気汚染って言ってもそれほどではないだろうと思っていたところ

甘 か っ た

北京の空港に着き、外を見渡したところ
大気は黄色に包まれていました。

太陽が肉眼で直視できるほど
ちなみに空港に着いたのは現地時間で2時頃の話

てっきり黄砂かと思っていたのですが
ガイドの人はさかんに  と主張していました。

「霧じゃないよね!?スモッグだよね!?」
と会社の人が反中感情(?)をあらわにしていましたが、
ガイドの人が「ミスト(霧)ミスト(霧)」と言っているのを見て。
正直、 国政ではないかと 霧もスモッグも同じ言葉かと思っていましたが
翌日はきれいに晴れたので、原因は分からず
心なしか喉もいがらっぽくなったので
とりあえず空気が汚いのはホントなんだとわかりました。

これは天安門広場の写真です。
奥の城は遠くにあるのではなく、この距離でコレです。

続きはまた今度

2007.11.28 / うず /
忘れていたこのシリーズ。
ではでは、お待ちかねの第二段は・・・・!

「三十四丁目の奇蹟」

ニューヨークにあるメイシーズというデパートが舞台。
時期はクリスマス商戦真っ只中。
デパートがサンタ役に雇った老人は、自分のことを本物のサンタだと言い出し、サンタを巡る騒動に発展。
ハートフルファミリークスクス映画。


何度かリメイクされているらしいです。(1994年に一回)
私が見たのはオリジナル。1947年、ジョージ・ソートン監督作品。
まあ、普通に白黒です。サンタの白ひげがイイ感じに映える!
ひげイイね!
髭。
子供たちがサンタに安堵感を覚えるのは、あのヒゲのおかげである。
ふさふさ。
ひげひげ。
サンタが出てくる映画は、白黒がオススメです。

さて、ヒゲの話はそろそろ置いといて。

この作品は名作です。
「楽しい作品」「良い作品」というよりも、「名作」の二文字が相応しい。
サンタの話だから子供っぽいのかと思われるかもですが、
むしろ大人が見るべき映画です。
歳をとればとるほど、見たときの感動のじんわり感が増すと思います。
目から涙が出るような感動では無いけど、心から出た感動の涙が、そのまま心を暖めるような感じです。

クリスマスにオススメの作品です。

ナタリーウッドが子役として出ています。
演技もいい感じです。可愛らしいですね。





2007.11.17 / タナ /
もの悲しい秋の空が日に日に透明な冬の空へと変わっていきます。
夕焼け空も花の香りも薄くなりはじめて次の季節への境目。気がつけば立冬
今日から冬の始まりです。

こんばんわ 渦波です。

いつもは「仕事」の中でも「建築」な話をしていますが
今回は「仕事」のお仕事な話から

「忙しいと言ってる時が一番時間の無駄」

先日会社の上の人からこんな言葉をいただきました。
これは「忙しい」と言っている暇があったら~云々と言う事ではなく
忙しさにかまけて仕事を整理すること、段取りをつける事を忘れ
ただ混乱した中に身を埋める事が、時間的にも経験的にも無駄が多いという事のようで

なるほど、ただ時間をかけて頑張っている・苦労しているというだけでは
半人前にも及ばないと言う事を教えてもらえた気がします。

「スケジュールを立てることは仕事の半分を終わらせること」と
以前勤めていた設計事務所のボスに教わっていて
自分でもそれをしっかり頭において仕事をしていたつもりでしたが
それすらも忘れるほど、忙しさというものに呑まれていたようで。。

生きている以上、人は時間とうまく付き合わなければならないと思う
楽しむこと・休むこと・働くこと 様々な時間を創り時間を使って生きている。
一人ひとりの中でたくさんの時間が生まれては消えていく。

そんな人の思い出も一つの時間としてみれば
時間は絶対的な残酷さと、曖昧な優しさをもっていると思うのです。
意地悪で愛らしく頑固で優柔不断そんな一面を

私が今ここにいる時間も、たくさんの思い出から生まれた時間が
折り重なり絡み合い作られている そんな風に思ってみたら
時の中にいること 時の中に立つこと
ここにいる自分が作り出していく風景も、一つの新しい時間の創造のような気がします。

変えたい自分 変わらない自分 変わりたくない自分
時の経過の中で自分の変化を楽しみながら
時間とうまく付き合って 仕事も遊びも楽しんでいけたなら
明日は今日より違った自分・成長した自分に会えるのかも知れません。

季節の変わり目に変わっていく景色と自分にこんにちわ

○心の整理がついたの頑張って行ける
×根本的に忙しいのは変わらない

まとめ
悩んでいても仕方がないので、とりあえず気合
2007.11.08 / うず /
11月3日4日に原宿のデザインフェスタギャラリーにて開催いたしました
MAP art exhibition KOYOMIも
おかげさまで来場者350人を超える大盛況のうちに成功を収めることができました。

当日会場に来ていただいた方、本当にありがとうございます。



何かと準備不足も多く、展示会初日に至っては満足いただけない点もあったとは思いますが
今後の展示会に反省を生かし、よりよい展示を行っていきたいと思います。

次回の告知ですが
1月の26日27日にIID世田谷ものづくり学校のギャラリーにて行う予定です。
MAP art exhibition CONSENT
今回のような販売作品展示とは違い、各々の大きな作品を展示いたしますので
足を運んでいただければ幸いです。



MAP


2007.11.05 / MAP /
2007年11月3・4日
Desgn Festa Gallery
West 1-F

作品が綴るたくさんの物語を暦にしました。


KOYO_00.jpg

KOYO_03.jpg


KOYO_ao.jpg
青山祐介


KOYO_uzu.jpg
渦波大祐


KOYO_kato.jpg
加藤雄大


KOYO_tana.jpg
田中佑樹


KOYO_kame.jpg
亀崎梨加

KOYO_01.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。