上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡本太郎と言えば何を思い浮かべますか?
大阪万博の太陽の塔は言うまでもなく有名ですが
私はあの有名な「芸術は爆発だ」という言葉が染みついて離れません。

こんばんわ渦波です。今回の話は一週間前にさかのぼります。

先週、東京都現代美術館へ行ってきました。
目的は岡本太郎作「明日の神話」を見るためです。
何カ月か前、テレビでやっていた特集を見て
なんとなく見たくなったというだけの理由です
ですが、絵を見に行くには十分な理由です。

その番組では、作品の馴れ初めや時代背景など
作品に関わるたくさんの大切な話をしていたと思いますが
私の頭には
とにかくデカイ
ということ以外は記録することができず
明日の神話=デカイという情報だけでとりあえず見に行くという
岡本ファンから見れば、とても不届きな理由で鑑賞をしました。

デカイ絵なんてテレビや写真で見るほどじゃないとタカをくくっていたのですが
甘かった。。
その絵は芸術の爆発の衝撃を手加減することなく当ててきました。



いちばん右が人です。

あー  爆発だわ
こりゃかなわん。。

もちろん勝つ気はなかったのですが、イキナリの敗北宣言です。

行方不明になっていたこの作品は
制作に何年もかかり、捜索に何年もかかり、修復に何年もかかり
やっと人の前に現われたとの事(たぶん基礎知識)

大きさもさることながら、その存在自体が神話だったのかも知れないと
芸術の神の話に、少し触れることができた休日でした。

最後に一言

明日の神話=デカイ
スポンサーサイト
2007.08.27 / うず /
暑い!

今年から最高気温が35度以上になると猛暑日と呼ばれるようになったとか
今更な感じがありますが、これだけ暑いと確かに酷暑という言葉が似合う気がします。

こんばんわ渦波です。 あまりの暑さに頭がパーになりそうです。

お盆休みも終わり、今日から仕事なんて人もいると思いますが
長い休みも予告通り殺人的に暑い地元に帰郷してました。
というよりは、日本一熱い都市になってしまったようで(本日現在)
仙台が出した不滅の記録を抜き、40.9℃というとんでもない暑さになった
そう あの街が私の故郷です。

どんな暑さかというと

・扇風機からドライヤーみたいな熱風が出てくる
・打水が10分くらいで乾く
・汗以外によくわからないモノが出てくる
・あまりの暑さに蚊すら飛んでいない

そんな体温より暑い街は、その暑さをも観光資源にしようしていますが
その、なんと言ったらよいのでしょう。。
・・・・・・応援してます。

誤解がないように言っておきますが

い い 街 で す よ

だってほらこんな夕焼けが見られるんですもの


日本で一番熱くなったその日の夕焼けは
日本で一番奇麗であった事を願い
その特別な空を眺めれば、この暑さも我慢   できる    かもしれない
2007.08.20 / うず /
タナがお贈りする、新シリーズ!!
映画が割と好きな我輩が、見た映画を自分勝手にご紹介するコーナー

第一弾は「ホテルルワンダ」


ルワンダの首都キガリ。フツ族とツチ族との間で内戦が終息し、和平協定が結ばれようとしていた1994年に、フツ族の手によるツチ族の虐殺が発生。絶望的状況の中で、ドン・チードル扮するホテル支配人が、家族と、そして隣人たちを守るためホテルへ匿う。

アフリカ版シンドラーのリストと言えば分かるだろうか。

でも、少し違う気がする。

戦争やジェノサイドが起こるとき、こういった人が必ず現れる。
彼らは神からの使者なのか。
歴史がこの世に与える使者なのか。
戦争や大量虐殺はなぜ起こるのか。

「自然の摂理」

人がうじゃうじゃ増えすぎて、
客船地球号は飽和状態
豪華客船なのだから、
ペイできない者は
降りて頂こう。
様々なメニューを取り揃えております。
戦争、疫病、虐殺、災害なんでもござれ
悪の指導者たちはただの従業員たち
汗水垂らして働け働け
涙と血も流して働け働け
頑張るのが人間だから
働きすぎて
お客が足りない
大変大変
もう降ろしちゃだめよ
新たな従業員登場
それが彼ら

シンドラーもガンジーも
ヒトラーもポルポトも
みんな豪華客船地球号の
従業員だったのさ

おしまい

かなり危ない表現が含まれている気がしますが、
あくまで一つの意見として、
さらりと流してくれると幸いです。
これが、私が、この映画を見て感じたことです。

2007.08.20 / タナ /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。