上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの後輩のなんにゃんのメモ(2006.2.26のとこ)をみて思ったこと。

なんにゃんもちゃんといろいろ考えてるんだなあ
と、改めて思った。まあ、あたりまえか。
とくにアイデンティティとかオリジナリティとかその辺に興味があるようで。

オリジナリティに関して今自分の中で一番ホットな話題がマッシュアップ。
音楽とか映像のマッシュアップとウェブサービスのマッシュアップとがあるけど、その辺全部ひっくるめてニコニコ動画。
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50154713.html
http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/02/post_b009.html
http://lovelove.rabi-en-rose.net/blog.php?n=285
この辺は、掘り下げると底が見えないから、とりあえずとどめておく。
デュシャンにも通じるわけだが、結局、素材がなんであれ、どこに創造性とか価値を見出せるかが重要なはずなんだよなあ。

アイデンティティってとこに絞ると、日本人の小説家で今の所一番のお気に入りの北野勇作の作品が、そこらへんを常にテーマにしてる。
(なんにゃんが読んで面白いかどうかはあまり自信がないが、もし興味があれば貸しますよ?)

あと、作品のメッセージ性に関しては、話題のスケールの大小はあっても、ないってことはないんじゃないか。あとは、伝わるか、伝わらないか?
絵なりなんなり、作品を作るってことは、その過程で、常にその人の価値判断が下ってるわけだから、ポロックみたいにほとんどランダムに作られてる作品でも、そういうつくり方、考え方なり、結果としてできたもの存在価値みたいなものを主張してることに他ならないわけで、どんな作品であろうと、その人の考え方を主張することになると考えてる。
こう書くとなんか、すべての作品が人に何かを伝えるためにあるみたいになるけど、常にそれが目的ってわけではないよね。むしろ、作品を作りながら自分の価値観を再認識するっていうことの重要性もけっこうあったりする。

資本主義自体はそんなに悪くないはずなんだけど、金儲け主義的なとこは好きじゃないし、あと、こびるのも好きじゃない。だから、グラフィックはやりたくても広告はやりたくないって前にもどっかに書いたと思ったら、blogか。
http://exhibitionmap.blog11.fc2.com/blog-entry-120.html
もう2ヶ月も前の記事だが、なんにゃんも興味ある話しかも。

そういえば、文化庁メディア芸術プラザのメールニュースは、もうだいぶ前からとってて、メディア芸術祭のことは毎年チェックしてるんだけど、展示は一度も行ったことがないなあ。

・自分を信用できない人は、人を信用できない
が、どういうことか気になる。

おわり
スポンサーサイト
2007.02.28 / かと /
いっそ野に落ちる木の実になって、真っ白な雪に覆われたい。
先日高熱を出して寝込んでいるときに、ふと思いました。

こんばんわ渦波です。

先日MAPⅣの作品作りのため、ボードを購入しました。
大きさはF60号×2

新宿の世界堂で購入したのですが、チョットおもしろいことに。。
ベニヤの60号と言うと陳列棚の方には枚数がなく、店員さんに聞いたところ
大きいものは倉庫においてあるとかで、ボードを出している間の出来事なのですが
なんと、デヴィ・スカルノ婦人と居合わせました。

デヴィ婦人は店員の不手際に対して「あなた!」という口調で注意していました。
店員さんの不手際と言っても、大してモノではないのですが
やはり期待を裏切らないところが、大統領夫人としてのスケールを感じさせます。

F60号とひとえに言いましても1,303mm×970mmと結構な大きさになります。
しかもベニヤのボードなので、下地処理をするためジェッソを塗らなければなりません。
そしてジェッソは一度塗ったくらいでは綺麗にならず、何度か重ね塗りをします。
結局正味半日くらいかけて4度塗りしてこんな感じになりました。

部屋が広いと言うのはいいことです 心置きなく大きな絵が描けます。

問題は白ジェッソを塗っている時に感傷的になりまして
心が白くなってきたと言うか、単純作業で自分を振り返っていたというか
その日の自分の反省点を列挙し始めたのです。

いわゆる-(マイナス)方向に突っ走るアレですね、アレ

反省部屋に淡いピンクを塗ると、効果があるとか
赤い色を見ると暖かく、青い色を見ると冷たく感じるように
一概に色と言っても侮れないところがあるようです。

それはさておき、この大きさの白キャンバスを眺めていると
色を塗るのが、絵を描くのがもったいない衝動に駆られます。

白いキャンバスに呑まれるのか、自分の世界で呑み込めるのか
作品作りって、画材との戦いなのかも知れませんね
2007.02.21 / うず /
毎度お久しぶりです。
いい加減PC買い替えなきゃ……と言いながら半年くらい経ってる気がします。
いつもすみません。
来週にでも決起して買いに行こう(←ここに書いて自分を追い詰める作戦)。
…行ければ……(←逃げ道)。
文章書くのは好きなんですがね。


さて、ここをご覧になっている方で、『或る旅人の日記』をご存知の方はどれ位
いらっしゃるでしょうか。
FLASH界では有名な作品だそうで、でも私の周りで知ってる人がいないので
どれ位有名かわからないのですが。

こういう世界観、ツボです。
しんとしてて、味わい深くて。
DVDにはネットに流れていないもう一話が入っているのですが(買った)、
見終わってしまうのが勿体なくて、なんだかずっととってあります。
とっときのお酒を眺めて満足してるような、無意味な話です。
わざわざ自分で手の届く位置に希望を用意して、それを手に入れるまでを
ゆったり楽しむなんて、人間位なんじゃないでしょうか。

なんか話がズレましたが、私はその位好き、という話です。

ご興味の沸いた方は是非。

2007.02.14 / かめ /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。