上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。
最近、めっきり寒くなってきました。

引っ越してから、初めての冬ですが、無事超えられますかどうか。。。

考えてみれば、今年も残すところあと1ヶ月しかありません。
ほんとに、早いものです。


突然ですが、引っ越してからというもの、食生活が乱れています。
休日は自炊しますが、平日はやはりつらいものがあります。

スーパーの弁当 || 松屋 といった感じです。


この間、会社の健康診断を受けましたが、1年前より2キロ体重が増えていました・・・
こいつはやばい?!

ま、とはいっても相変わらず体重、平均以下ですけど・・・
むしろもう少し太ったほうがよいのかもしれません。


こんなこというと怒る人もいるのでこの辺で失礼・・・
スポンサーサイト
2006.11.29 / マサ /
どうもMAPの青山です。
自分はMAPのメンバーの中で唯一の喫煙者なので、
そんな煙草の話を。

本当は他にもごくたまに喫煙する人はいるのだけれど、
日常ではないようなので、自分が唯一の喫煙者になります。

煙草を吸うようになったきっかけは、
「風花」って邦画を有楽町で一人で観たのがきっかけ。
その映画は、
浅野忠信がモルツの缶ビールを飲んでて
小泉今日子が煙草を吸っていた。
それに影響されて、
帰り道にキヨスクでモルツを買い煙草を買って吸った。
そんな始まり。
ちなみにちゃんと二十歳超えての喫煙でした。

その後、暫くは一月に一箱ペースで煙を楽しんでた。
それが二週間に一箱、一週間で一箱、五日で一箱と増えていき、
喫煙暦五年たった今は、二~三日で一箱ペース。

銘柄は
当初はマルボロライトメンソールを中心に、
パーラメントライトメンソールとかを吸っていた。
その後、メンソールからノンメンソールへと変わり、
マルボロライトやらミディアムやらピースライトやら
メインはありつつもあれこれ吸ったりした。
今のメインはセブンスター☆☆☆☆☆☆☆に落ち着いている。
タールもニコチンも確実に増えている。

何故、セブンスターに落ち着いたかというと、
初めて自分でセブンスターを買って火をつけようと銜えた瞬間、
懐かしい昔の父(今も健在)の匂いがした。
父は昔、喫煙者でセブンスターを吸っていた。
昔のオジサンの匂いは煙草と仁丹の匂いだった。
父も例外ではなかった。

その息子が社会人になりセブンスターを愛煙している。
今はセブンスターはセブンスターの味と認識しているが、
雨の日や湿気の多い日にセブンスターを銜えると、
なんともいえないノスタルジックな気持ちになる。

セブンスターは自分の中で一番、
煙草らしい煙草なんだと思う。


あとは、自分の喫煙のポリシーの話などあるのですが、
ただでさえまとまりのない文章が、
もっとまとまりのない文章になるのでそれはまた今度に。
2006.11.22 / あお /
現在テレビドラマにもなってる「のだめカンタービレ」のを妹が買ってきたので読んでみた。

何かと話題っぽいので知ってる人も多いかと思うが、なかなかおもしろかったので、感想でも書いてみようかと思う。

最初の方は、「音大に通うクールで優等生な千秋真一が落ちこぼれなのだめやその仲間たちに振り回されつつ、真面目に音楽をやりたい千秋と楽しくやりたいのだめたちの対立があったりしつつ、最後には良い演奏ができてめでたしめでたし」といったパターンの話しの連続で、何とも底の浅い感じだったのだが、話しが進むにつれて、ただ何となく好きだからという理由でピアノを弾いていたのだめが、音楽についていろいろと深く考えるようになり、また、千秋ものだめらの影響で徐々に人間性を得て指揮者として成長していくとともに、物語も徐々に深みがまして面白くなっていく。
いろんな苦悩や失敗を経て成長していくこの二人が、今後どんな経験をして、どんな影響を受け、何を考え、どう成長していくのか、二人の関係はどうなってくのか等々、先がとても気になるマンガです。

物語もさることながら、人間味ある登場人物たちもよい。
片付けられないのだめや、千秋に恋する男子真澄ちゃん、酒と女と合コン好きな世界的指揮者などなど。
とくに千秋は、クールなくせにのだめのようなダメなやつをほっとけなくてつい手出し口出ししてしまうのだが、ついイライラしてきついことを言いまくってしまったりする不器用っぷりに妙に親近感を覚えたりする。

そういえば、自分のデザインも、千秋の音楽みたいに、頑固で理屈っぽいところがあるんだよなあと思ったり。

大学を卒業しても音楽やりたくて有志でオーセストラ作ったりするエピソードも共感できて良い。

そう言えば、これと比べてハチクロは美大の話しなのに誰も美術について真剣に考えてなかった気がするなあ。。
一般受けする絵を描くのかそれとも本当に自分が描きたい絵を描くのかみたいな画家の葛藤もこののだめカンタービレにはちらっと描かれていたりする。

あえて難点を挙げるとしたら、絵はあまりうまくない。下手ではないと思うのだが、あともう一息でもっと良くなるのになあと思ってしまうところがある。

しかし、なにより、音楽に対して一生懸命な人たちを見て自分も頑張ろうって思えてくるのは良い。
2006.11.12 / かと /
え~。
皆様大変お久しゅうございます。
MAPの多重犯罪者、R(仮名)で御座居ます。
犯罪者にも人権があるのです。
まぁ……『R』なんて、あってないような人権ですが。


先ずはここ数カ月、カメザキのblog更新が途絶えていたことを
お詫び申し上げます。

それというのも、何やら身の回りで不穏な事件が相次いでおりまして――― 。


始まりは7月の事、
二代目携帯のオフィーリアが水没なされ~(オフィーリアなだけに)。


5年間連れ添ったノートパソコンは、
気づけば今にも天寿を全うせんとばかりで~。


銀行のカードは磁気が飛んで病院送りとなり~。


三代目携帯のマチルダはカラオケにて失踪、その後行方不明となり~。



……もうなんか、

天晴れ。



さても文明といふものから程遠い日々でした。
私の罪は監督不行き届きかしら。
それとも器物破損?


何が辛いって、お金が下ろせないのが。
パソコンも携帯も買えやぁしない。
カードがないと、銀行ってのは社会人にとって不便極まりない存在
なのだなと痛感しました。
すぐそこにあるのに手に入らないなんて、まるで恋のようねハハン?





さて、分かる人だけ分かる今回の自首ペナルティ




Image001hukulou.jpg

増えてます。
2006.11.08 / かめ /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。