上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まえがき

本当は、渦波さんのあとに書かなければならなかった、加藤雄大です。
次は自分の番だと薄々気付いてはいたのですが、ついつい遅くなってしまいました。
ブログの更新が遅れた人は、「初恋の話しを書く」というルールになっていたので、その辺の話しを書かなければなりません。
この話しは、普段は結構避け気味のところで、ちゃんと話したことはないんじゃないかと思うのですが、まあ、ただめんどくさいから避けているだけで、隠す理由もないので、ちょっとちゃんと書いてみようかと思います。

プロローグ

初恋といっても何をもって恋というのか微妙なところではありますが、ほんとに恋をしてたなあと思えるのは、中学3年の頃からの話しになるかと思います。
大体、幼稚園くらいまでは、割と男女関係なく一緒に遊んでいたような気もしますが、小学生くらいになると、なんだか男女が一緒にいちゃいけないみたいな空気が回りにできてきて、あまり外交的ではない私は、ただでさえ喋るのが苦手なので、恋をするどころか会話もままならないような感じだったような気がします。いや、そこまででもないか。
中学くらいになると、そんな空気もだいぶ落ち着いてきて、私も割と女性とも親しく接することができるようになってきてたと思います。高校生くらいにもなるとほとんど関係なくなってくるわけですが、まあ、そんな中学生の頃は、美術部ではなく、美術部の活動する美術室の正面にある、パソコン室で、パソコン部をやってました。

油絵を始めたのが小学校5年で、家のMACでCGを始めたのが小学校3年頃?で、当時その辺が主な趣味だった私は、美術部かパソコン部かでちょっと迷ったのですが、油絵は高校に入るまで近所で習ってたので、部活ではCGを選んだわけですね。まあ、美術部には男が一人もいなくて、パソコン部は男ばっかだったからってのもあった気がします。しかも、今でいうところのアキバ系がたくさんいて、特に特撮マニアにはちょっと衝撃をおぼえたものです。まあ、その辺の話は、本編には関係ないので詳しく言及しませんが、とにかくそんなパソコン部に入ろうと思う人はほぼ0で、そのまま順当に部長になり、新たな部員もほぼ入ることなくむかえた3年の春に、ようやくまともに活動する部員が入ってくるのでした。(先輩方の活動がまともだったかというとそうでもないような気もしますが。)

なんだか長くなったので、
あと、なんか切りがいいので、
つづく


いや、ちゃんとかきますよ。
スポンサーサイト
2006.06.29 / かと /
本当はかとの番なのだが、
あんまり更新しないのもどうかと思ったので、
とばしてブログリレーを続けようと思う。

銀座の月光荘ってところで展示会をしている。
とはいえ、油彩を一枚出しているだけだが。

油彩は楽しい。
1年ぶりぐらいに描いたのだけども、
やっぱり楽しい。
何が楽しいかって、
ニュアンスを試行錯誤できるからだ。
空の夕焼けの表情とかを、
赤が強すぎるから黄色を薄く入れてみたり、
青を薄く入れてみたり、
そんなニュアンスを楽しむことが出来る。

油彩は展示会に出す出さないは関係なく
常に描き続けてもいいかなぁとも思う。
まぁそうなると自分部屋のカオスが
ますます片付かなくなるわけですが・・・。

最近はTシャツ作ったりしてます。
シルバーアクセサリーとかもまたやりたいなぁ。
2006.06.28 / あお /
2006年6月25日
Gallery LAPIN E ARO

作品の世界へつながるそれぞれの扉


TER_01.jpg


TER_ao.jpg
青山祐介


TER_uzu.jpg
渦波大祐


TER_kato.jpg
加藤雄大


TER_tana.jpg
田中佑樹


kame.jpg
亀崎梨加


TER_02.jpg
『ペナルティlevel2』の記事は、公開期限を過ぎたので
削除致しました。

ちなみに『現在進行形の恋愛を赤裸々に語る』という
極悪非道なお題でした。



メンバーに男気を讃えられました。
サービス精神を讃えられました。


でも期限が延びてしまったのは忙しかっただけだったりします。
ごめんなさい相方。
2006.06.18 / かめ /
本日、姉が結婚しました。
僕の姉は構造設計のそれなりに有名な事務所で働いています。
それだけに有名な建築家と関わることも多いそうで
結婚式も有名な先生が設計し、姉が構造を担当し
姉の旦那さんが施工に関わった建物の中で行われました。
式にはこの建物の仕事に関わった大勢の方々が参加してくれました。
出席された皆様には、この場をもってお礼とさせて頂きます。ありがとうございました。

この建物、普段は結婚式等のイベントに使用する場所ではないのですが
姉と姉の友人のウエディングコーディネーター(って職業名だったきがする)が頑張って
特別に結婚披露宴パーティーを開く事が出来ました。

公園の一部にあるそのユニークな建物は、屋根に芝生や木が植えてあり
そこをバージンロードにして結婚誓いの儀をやったり
建物を建てるときに関わった地元の方が太鼓の演奏をしてくれたりと
賑やかで楽しいパーティーでした。

そんな中、白いダボダボのジャケットを着て
麦わら帽子をかぶった紳士が一人

親族一堂「なんだあの人は」と言っていましたが
式が始まり席次表を見てビックリ


東京工業大学の助教授でした。(建築でもかなり有名の先生)


人は見かけによらないようで

そんな先生は、二次会で姉の友人を本気で口説いていました。

人は肩書きによらないようで

おっちょこちょいで、あぶなっかしい姉ですが
そんな姉の結婚する姿を見ると、ら少し寂しい気もします。
姉さん、旦那さん、末永くお幸せに
そんな事を考えた週末でした。。
2006.06.04 / うず /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。